Text Size : A A A
● Kz   11:14 / Sat.05.05.2018   [Res!]
オススメを教えて!

オススメを教えてと聞いてくる人が多い。
その答えに毎回かなり困る。 
オススメを聞いてくる人と付き合いがある程度長く、どんな感性の人か知っていると『これはどう?』と提案することはできる。
ってことで今からする説明は付き合いが長い人には当てはまらないので、先に言っておきます。

でも知り合ったばかりやそこまで親しくなかったり、その分野に関してのお互いの好みを知らないのに何をオススメするんやろ?

挙句に渋々何かを提案すると『あ〜それ苦手やわ!』って、お前どないやねん!最初っから浅はかなことを聞いてくんな!って思ってしまう。
まずはお前がどんな趣味嗜好なのかを俺に伝えろ!じゃないとどうやってオススメすんねん!
『なんかオススメある?』って、お前に勧めるもんは何もないわ!ボケ!
『オススメ教えて』じゃなく、せめて『あなたが良いと思ったものを教えて』って言え! 

クソみたなやり取りがほんま嫌いやわ。
さらにこれを読んで『いちいち細かい』って思う人、あなたもオススメに関するスムーズなやり取りができてないかもなんで注意してね。
● Kz   08:08 / Sat.06.20   [Res!]
昨年2014年6月、初めてデモに参加するまでは政治に無関心だったというSEALDsのメンバーの一人、24歳の紅子さんがスピーチした。紅子さんは、集団的自衛権の中身を誰にでも分かりやすい日常の場面に置き換え、説明。小中学生でも分かる矛盾を抱えた政策を、安倍政権は国家レベルで押し通そうとしていると痛烈に批判した。

※以下、発言要旨を掲載します。

 「去年の6月30日、私は生まれて初めてデモというものに参加しに、ここ国会議事堂前に足を運びました。それまで私は社会で起きていることなんて大して気にもとめてなかったし、大人たちがニュースを見て不満をこぼしているのを横目に、なんとなくモヤっとしながらも、話にはついていけそうにないし『政治の話はタブー』という、今思えば安っぽくて中身のない、ばかげた常識を守り、その結果、今、仕事後に疲れた身体でわざわざここに来て、拡声器まで握って喋る自分の動機となった『同世代の無関心』の生産を静かに支えていました。

 そんな私が目を覚ましたのは、去年の今頃、突然耳に入ってきた『集団的自衛権』という名前でした。なんだか物騒な響きに嫌な予感がして、まじまじと新聞やニュースを見て、その中身を知りました。自分の国がどこからも攻撃されていなくても、要請があれば他国の戦争に参加しに行く。集団的自衛権の内容はそういったものでした。

 身の回りに置き換えて考えてください。それまで誰にも危害を加えなかった人間が、身の安全を強化しようと、わざわざナイフを持ち敵と殺し合いをしている人間の後ろについてサポートし、強くなった気になる。

 そんな情けないことってありますか。その人はそれで強くなり安全を確保したことになるんでしょうか。結果的にナイフを持った人間の仲間と見なされ、警戒・敵視されるのがオチだなんて、小中学生でも分かることが、今、国家レベルになっているのだとしか思えません」

「後ろにくっつくだけではありません。実際の戦場には、前も後ろもなく、どこであっても危険であり予測が不可能だからこそ、人がたくさん死んでいるのではないでしょうか。『後方支援』なんて言葉は、あまりに非現実的で、無責任です。

 それを安倍さんは、いつまでもいつまでも認めようとしません。

 戦地に赴けば命の危険にさらされるのは当然です。しかし安倍さんは『安全を確保する』、『危険となれば撤退させる』と、現実味も信憑性も皆無の話を、壊れたレコードみたいに繰り返すだけです。

 総理、確かにあなたの安全は確保されているでしょう。なぜならあなたは戦地へ行かないから。戦場に安全なんて存在しません。するなら、何処にあるのか示して、安倍さん、まずあなたが行って証明してください」

「危険となるのは何も自衛隊の人たちだけではありません。今年の1月末〜2月にかけて、後藤健二さんと湯川陽菜さんがシリアで殺害された事件は記憶に新しいと思います。ご存知の通り、後藤さんも湯川さんも自衛隊員ではありません。安倍さんが、『人道支援、難民支援』と言って、ISILと闘う周辺各国に2億ドルを寄付したことで、日本人が恨みの対象入りし、結果的に2人の犠牲者を生んでしまいました。

 『危険な場所へ出向く方が悪い』だとか、『自己責任』だとか、そういう命の重みを切り捨てる言葉たちを、私はネット上でうんざりするほど目にしました。これについて思ったことは、今は割愛します。しかし、『テロ組織が悪いのであって、安倍さんは悪くない』。私はこれだけは違うと思います。

 テロ組織が悪いのなんて当たり前です。そのテロ組織を前にしてどういう行動に出たのか、その結果どうなったのかを十分過ぎるほどに考えるべきだと思います。

 よその戦争に加担するとは、こういう事です。人道支援、後方支援なんて言い分はこちらに都合の良い建前に過ぎず、敵と見なされれば狙われます」

「安倍さん、そして、戦争法案に賛成している全てのみなさん、今後、あとどれだけ必要のない恨みを買いに行き、同じような犠牲を出しますか。関係ないって言ってるみなさん、テロや戦争で命を落としているのは、いつだってあなたたちのように『関係ない』人たちです。

 私は、どこかと連帯して武力を強化し威嚇で作り上げた脆い平和なんかより、武力や威嚇を必要としない確かな外交を望みます。

 それを『お花畑』と笑っているうちは、絶対に実現しません。笑う前にどうか本気で試みてください。だって今やろうとしている防衛の仕方では、誰かが死ぬから。その誰かは遠くの国の知らない誰かかも知れないし、あなたやあなたの家族かも知れない。もしかしたらその全部になるかもしれない。

 命の危険性に対し、『可能性が低い』『大げさだよ』なんて言い訳は通用しません。その可能性を否定できない事自体が問題です。

 現行憲法のもと、70年間戦争による死者が出なかったのは、偶然でも奇跡でもありません。『強くなること』に躍起になって、静かに確かに続いた平和を壊さないでください。

 私は、自分がデモに参加する日が来るなんて、ましてやこんなスピーチをするなんて、1年前は思ってもいなかったし、変わったねって煙たがられたり、友達減ったり、やなこといっぱいあったけど、おかしな事におかしいって言う性格は昔から変わってないし、それは政治であってもスタンダードであるべきです。

 私、今日ここに来る前に、夏に着る水着を買ってきて、マツエク(まつげエクステ)いつつけようかなーとか悩んでました。なんか、そんな、水着とかマツエクいつ付けるかとかで悩んでる人間が、政治について口を開くことはスタンダードであるべきだと思うし、スタンダードにしたいから、スタンダードになるまで繰り返し声を上げ続けなくてはいけないんだと思ってここに立っています。

 2015年6月12日、私は戦争法案に反対します」

 (Click!) 
● Kz   10:39 / Fri.01.02   [Res!]
【女性の書き込み】

正直に、はっきり聞きます。
私、年収4000万円以上の男性と結婚したいと思っているんです。今、私は25歳で、見た目は結構可愛いと思っていて、スタイルももよく、センスもいいと思う。
欲張りと思われるかもしれないけれど、ニューヨークでは年収が8000万円という男性もザラだし、妥当かなって。
このフォーラムに来ている人で年収4000万円以上の人っていますか?それとも、みんな結婚してるんですか?
実際に年収2000万円の人とは付き合ったことがあるんですけど、それ以上の人と出会いたくって・・・。私が憧れているNYガーデンってところで暮らすことを考えると、2000万円の収入じゃ少ないんです。

だから、少し聞きにくいんですけど、いくつか質問です。

1. リッチで学士を持ってる人というのは、どこで遊んでるんですか?(できれば、レストランの名前とか、具体的なバーやジムの住所を教えてください)

2. どれぐらいの年齢の人を狙ったらいいですか?

3. どうしてお金持ちの奥さんって見た目がフツーな人が多いんですか?何人か会ったことがあるけれど、はっきり言ってフツー以下の人もいる(笑)。なぜでしょうか?

4. ズバリ、お金持ちのみなさんは、どうやって結婚する女性を選ぶんですか?

に対して

【J.P.モルガンCEOと名乗るアカウントの回答】

大変興味深く読ませていただきました。実際、あなたのように考える人は少なくないと思います。私は年収4000万円以上。あなたの希望に添っていますから、プロの投資家としてお答えさせていただきます。
要約すると、あなたは「美しさ」と「お金」を交換しようとしています。すると、そこにはひとつ重大な問題が発生します。
私の収入は年々増えていきますが、あなたの言う「美しさ」は年々目減りしていくということです。

私は「魅力的な資産」ですが、あなたは「値下がりする資産」。それも急激に下がっていくことは間違いないでしょう。

ウォール街では、どんな取引にも「短期保有」と言うものがあります。売買するものの価値が落ちるとわかれば、私たちはすぐにそれを売ってしまいます。「長期保有」することはないのです。しかし、結婚とは「あなたを長期的に保有すること」なのです。

少し言い方が悪くなってしまうけど、あなたを資産として考えた時、「短期保有」のほうが賢い選択です。もっと言えば、レンタルで十分。保有する価値がありません。年収4000万円を稼ぐ人はバカではないので、あなたとデートすることはあっても、結婚することはないでしょう。

ひとつ、アドバイスできるとしたら、お金持ちと結婚する方法を探さずに、ご自身がお金持ちになってはいかがでしょうか? 

この答えが少しでもあなたの役に立てば幸いです。

そうそう、もしあなたが「レンタル」に興味があるなら、私にご連絡ください。


※追記  2014年12月1日

この話のソースは2007年にアメリカのコミュニティサイトに投稿されたエピソードだという説が最も有力。そこから様々な投稿サイトや、Facebook、TwitterなどのSNSで拡散されたと言われている。この回答者がJPモルガンCEOではないという説も多く存在しているようだ。
● Kz   11:34 / Mon.12.23   [Res!]
『この時代に生きる私たちの矛盾』

この時代に生きる 私たちの矛盾
ビルは空高くなったが 人の気は短くなり
高速道路は広くなったが 視野は狭くなり
お金を使ってはいるが 得るものは少なく
たくさん物を買っているが 楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 家庭は小さくなり
より便利なったが 時間は前よりもない
たくさんの学位を持っても センスはなく
知識が増えたが 決断することは少ない
専門家は大勢いるが 問題は増えている
薬も増えたが 健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 笑うことは少なく
猛スピードで運転し すぐ怒り 夜更かしをしすぎて 起きたときは疲れすぎている
読むことは稀で テレビは長く見るが 祈ることはとても稀である
持ち物は増えているが 自分の価値は下がっている
喋りすぎるが 愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが 人生を学んではいない
長生きするようになったが 長らく今を生きていない
月まで行き来できるのに 近所同士の争いは絶えない
世界は支配したが 内世界はどうなのか
前よりも大きい規模のことはなしえたが より良いことはなしえていない

空気を浄化し 魂を汚し
原子核を分裂させられるが 偏見は取り去ることができない
急ぐことは学んだが 待つことは覚えず
計画は増えたが 成し遂げられていない
たくさん書いているが 学びはせず
情報を手に入れ 多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている
ファーストフードで消化は遅く
身体が大きいが 人格は小さく
利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている
世界平和の時代と言われるのに 家族の争いはたえず
レジャは増えても 楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても 栄養は少ない
夫婦でかせいでも、離婚も増え
家はよくなったが 家庭は壊れている

忘れないでほしい 愛するもと過ごす時間を
それは永遠には続かないものだ
忘れないでほしい すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 1円もかかわらない
忘れないでほしい あなたのパートナーや愛する者に「愛している」
と言うことを 心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は傷をいやしてくれるだろう
忘れないでほしい もう逢えないかもしれない人の手を握り
その時間を慈しむことを
愛し 話し あなたの心の中にあるかけがえのない思いを分かち合おう
人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない
どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ

ボブ・ムーアヘッド原作
● Kz   12:03 / Mon.11.04   [Res!]
なにが太郎にそうさせるのか

山本太郎と他の人びとのちがいは危機感の大きさです。
このような人物は歴史のなかで時おり現れています。
他の人が気づかないことに気づいている。
だれにも見えないことが見えている。

そういう人物の言動は人びとの眼にはとてつもなく奇妙に見えるものです。
反感を買う。無視される。笑われる。ばかにされる。攻撃される。そして、殺されることもある。
アテネにひとつ、死海のほとりにひとつ、前例がある。

山本の目的は人びとの眼を覚まさせることでしょう。いま何が問題なのか。いま何が大切なのか。いまどんな危機に直面しているのか。いまどのように国民の権利が奪われようとしているか。

政府と大企業が情報を隠蔽している。企業メディアは権力と金にしばられ、報道を自省している。
福島の現状が伝えられない。これでは国民が正しく恐れられない。
恐れられなければ、対応はできない。抵抗できない。

さらにオリンピックがやってくる。不都合な情報はこれまで以上に隠蔽されることになる。
そして特定秘密保全法がやってくる。これは帝国憲法への先祖返りです。

天皇が批判されることはないでしょう。むしろ批判は山本太郎に向かう。
これから保守派の総攻撃がはじまる。メディアからも追求される。

山本太郎には、オリンピックで浮かれ、福島の現実から眼をそらし、
なにもなかったことにしようとしている世間と政権に石を投げつけた。

Anno Kazukiさんより引用
Next