Text Size : A A A
Img_ff76565930409d229ab71c9bcc12e6bc
Img_18788a94b33d12d5f69057a335390ddc
Img_572275bcc54b360a1bc83021655f0ef1
Img_55b23b024db354309fc81bd5e0130919
島の高い位置、海の見渡せる丘の上にある美術館。 自然の中に溶け込んでいる静かな美術館。 ここは初めて感じる感覚を味あわせてくれた。 もしかしたら数十年前に味わったのかもしれないけど。 とにかく人生でそんなに味わえない気分とゆうか、感覚が経験できた。 
Img_e4a3eda6cae58e888c76a6538266b2f0
Img_8c98c050049ca235eed4b1a042c8471c
Img_b05126bb23a69692b9bf44a025fa8538
島で最初に向かったのは、全く期待もしていなかったし、なんなら行かない予定だった場所。 木々の間を抜けて海沿いの小ぢんまりとした建物。 そしてこの場所が実はなかなか凄かった。 クリスチャン・ボルタンスキーの心臓の音を聴く体験型アート。 生きることの強さを感じさせてくれた。 ちょっと大袈裟に聞こえるかもしれないけど、全く大袈裟ではなく。 忘れてはいけないのが自分の心臓音を聴くこと。 ナメてたらダメだ。
Img_7b0cbba63766a88473c73402ce1561d3
Img_fcc75dbc86bde4ef6c521b1cb4077a06
Img_42782f21a1c21cfce5e05320ac3403f5
Img_905bcb69ea018532f445739a23ae460f
この島は午前中ってこともあり最高の天気に見舞われた。 この島はとにかく海と空。 その印象が記憶の多くを占めている。 船に乗るとき、自転車に乗るとき、立ち止まるとき、どこを切り取っても海と空。 この島がこんなに素敵な島だとは想像していなかった。 本当に気持ちのイイ場所、豊島。
Img_d6a72a2b7005a739963f602168a19040
Img_e6f27195120de45502f6a58447c4a023
帰りの電車はみんなぐっすり。 当然やけどこれは毎回恒例の風景。 今年も事故なく無事に旅ができて良かったです。 今年もみんないい年になりますように! そしてよろしくお願いします! 
Img_15d4da1c05ab5f7adbaaf5d5faecb150
翌朝は早々と起床して宿を出発。 最後に恒例のみんなで宿前写真を撮る。 なんか今年はほんまにアッという間に終わってしまった感じ。 せっかくみんなで旅に出たのに一緒に色々経験するのではなく、ただ泊まる、各々で好きなことをする、そして帰る。 しかも朝一で帰宅するってことでやっぱり少し物足りなさが。 来年は日にちを少しずらしてみんなの予定を合わせることも検討しないと。
Img_3bf91a945dad47ed2bc34691838535a8
Img_424518ab641197a6ee53ed52169d809f
Img_71b9d941066d6e8285bede1e0a277ae1
Img_6677a27069d852df3238421d4c3edaf6
Img_9a04a99c011beff60e0f3eda93e79e6c
Img_68c970c75565c307483afc0c4c475fc7
Img_6a48a20847bae9cd9f79d1d9714a9eec
今日の宿は標高1000メートルにある奥飛騨温泉郷・福地温泉の長座。 とにかく古い。 それしかないな。 周辺には何もないのでひたすら宿でゆっくりとみんなで話し込む。 今夜の話はここだけの話ってことで色々と話し込むものの、特に驚きの話も飛び出さない(笑) ここだけにする必要がない。 至って健全に生きてきたメンバーの集まり。 本当に誠実が歩いていると言っても過言ではない。 それが逆にスゴい! でもめっちゃイイ時間だった。 本当イイ奴らやな。
Img_d4c29c55e67f5df707e76bfab6f90079
Img_1c9988c926155cf4d145c59211ee1c36
Img_42d1f270c14fdca74393c289b9c73abf
まだ16時を過ぎたところなのに辺りは薄暗くなっている。 雲はそれほどない。 山の冬はそんな夕暮れの時間を見せてくれる。 旅はよくありがちな誰かと誰かが話し込んでるよりも、全員で話して笑いが起こる方が絵になる。 空気が冷たくて美味い。 笑った時に出る白息がそんな感じをより引き立てる。 さ、宿に向かおう。
Img_4ad521ba65a04fde7e999fff06b653f0
Img_890f0143ff0b5838c1f977b42c35ccdb
Img_8c9d690484cc2d3895f47ad9add463ee
Img_6a4d6087750ce030ca666163748b585c
Img_dc28f0865d0a3956951e35ae5d6a1279
Img_3a53b143dbf76b81c38b0af06de5d44d
Img_95f3c4093343dab4415b49e6bcc7d412
Img_b6f14a683cde49ed15bdcfa9090bc3a1
高山には本当によく来ている。 初めて来たのが8年前で、それ以降は毎年必ず来ている。 それでも少しずつ新しい場所を発見している。 目が向く場所も少し変わっていく。 ここには日本らしさがたくさんある。 その日本らしさは本当に日本らしさなのかも定かではないけど。 どの時代を切り取っても日本であることには変わりないのに。 ただ高山では歳をとった人も若い人も活躍する場所があるように思う。 日本らしさとは全く関係ないけど。。。
Img_fb1ca3d7a2b1918eef88c94c5f2732e6
Img_31a0442e0bcb1c4e7a9962c118b8eb71
Img_ec8f70352e9ee5791554e000570997cd
Img_a7a2117d1f246101646c087919ecdc74
Img_4ef091aa66827e746099b54591d21a1c
この建物は高山の中でもゆっくり中を見学できる建物の1つ。 高山市三町伝統的建造物群保存地区内にあって全て檜で造られている貴重な建築。 高山の歴史的建造物が多くある中でも最初に硝子障子が使われており、当時の硝子は手作りで波打ってたこともあり向こう側が歪んで見える。 その硝子は現代ではもはや作れないと言われていて、ここでは今も当時のまま使われている。 行くことがあれば是非行ってみてください。 まあ大しておもんないけど(笑)
Img_e9c1e1b50963f4d4385afa2532eafb10
Img_efcef3228d9490ea778a4b0061ebf23e
そして昼飯はハンバーガー。 俺、ハンバーガー好きやわぁ。 ここは旅行の口コミサイトのトリップアドバイザーで以前日本で2位を獲得したことで人気の店。 最初に向かったときはやっぱり入れなくて、少し待ってから向かった。 飛騨牛100%のバーガーは批評するとかではなく、ただただ美味しさを楽しむだけの存在。 そして嬉しいのはBrooklyn Breweryがあったこと! いや〜、マジでうまいわぁ、ハンバーガー。。