Text Size : A A A
Img_06375c82353ef491ffe54814da4dc03f
Img_fd7dc2a80db63c49b2b7d7c6da9f5bd8
Img_fb93c5235f304afd396a24f29e9a0afe
わずか数日で桜の状態は一気に変わる。 今日はもう満開! 満開にも程があるってぐらいの満開! 肉厚の花房がモコモコで、その光景が日本人としての楽しみの1つを提供してくれてる。 春になると桜の下ではバカな日本人が増えてくるのも日本の平和を象徴する風景だと思う。 ナイスなバカ!(笑) 日常生活の中で毎年見ることができる桜に改めて有り難く思う。 来年あたりはわざわざどこか遠くの桜を見に行って、今度は自分が桜の下でバカになってみようと思う。
Img_9d19af8a76c9ce240ef30c5668d181fc
先日の蕾から3日後に少し開いてる花があった。 全部開いてる満開も素晴らしいけど、近くで見るならこれぐらいの咲き始めが可愛くてちょうどいいように思う。 
Img_0d611c18d81fbf514baa8388c95e7182
子供の頃は特に何も考えなかったし、大人になってもあまり特別な意識はなかったものがある。 それが自分が結婚をしてから大きく意識し始めたもの、桜。 自分の中でそのきっかけになった明確な理由がある。 それは自分の中に閉まっておくけども、その時の温度や音、見た風景やその時の風、鮮明に覚えている。 1年に1度味わえるその感覚。 楽しみにしているわけではないけど、自分の意思とは関係なく味わうことになる。 蕾がその準備を始めている。
Img_2c11801ec998734e8d40d3e55ba86691
今夜は雪が降っている。 大阪で雪が降るのは本当に珍しい。 大阪人は、豪雪地域の方には申し訳ないが雪にはどうしてもはしゃいでしまうって話をよく耳にする。 積もることがないので、ただただ綺麗な自然現象が雪ってことになる。 今夜の雪もとても綺麗で、その綺麗の奥にひっそりと月が光っている。 
Img_712c30aebe455510ba7e3c2763d02180
俺の知る限り一番大きなイチョウの木がこの公園にある。 この葉が落ちる頃には、公園が真っ黄色の絨毯を敷かれることになる。 この大きなイチョウの木の下で近所の小学校の子供達が元気に遊ぶ光景は、懐かしい日本の風景であり平和を感じさせてくれる。 自分の気持ちが浄化される風景を見ることが本当に少なくなった今、もっとたくさんの素晴らしい風景を身近で見つけたく思う。
Img_d21575798f1f87674f5ca099cebdd0f9
Img_53bdf8dfd9317f9c3f9f337f2191e4cd
瑠璃光院を出て歩いて駅に向かう。 その道端にある黄色く色付いてる紅葉が、陽の光に当たってピカピカしてるように見えた。 どう頑張っても瑠璃光院よりも良い。 人が手を多く加えてるものを悪いとは思わないけど、天然ものに近い方が俺の性には合ってる。 養殖より天然、なばなの里より夕焼け、人が群がる場所より独自で見つける場所、改めてそう思った。
Img_4f01827825fc1c21deae1a0e0a9169cb
思い立ったが吉日。 夜明けと共に今日は家を出る。 楽しみを楽しいに変えてくれる夜明けの空。 風のない気持ちのいい朝。
Img_a2cf20a0f73cf391292f533f71d396e3
今日の夕焼けはめちゃくちゃ鮮やか。 こんなに雲が赤くなるのか。 空が狭い都会に住んでると、ほんまに年に数回しかキレイな夕焼けを見ることができないから貴重な日。 小さな子供の頃は多分この空を見て怖いと感じてたんじゃないかと思う。 イイ景色だ。
Img_ec9ce723faedf1c52a11763903c97ed8
雨が上がった。 花びらが少し濡れている。 日本にとってピンクは少し性の色のイメージがある。 この花も十分にその感じがある。 世界では国によって性に関する色は違う。 そして全くこの花がなんなのか知らないけど。 
Img_aee09d46d1e16b3a1c8b271e7c8c3ec3
Img_f04d7654b5eaa9b3e67723442d4c8f8a
昨日帰りに『お!綺麗やな!』って思って撮った上の写真、19時11分。 そして今日『お!昨日よりすげえ!』って思って撮った下の写真、19時5分。 全く空のことは分からないけど染まり方の違いについて知りたいなと思った。 調べよ(笑)