Text Size : A A A
Img_2594a01be1408ee33c1330905e870531
今年の甲子園観戦初戦。 圧倒的な弱さを見せつけてくれた(笑) ヒドイの一言。 初回に4点、4回までに7点を入れられる。 ほんまにせっかく来たのにドッと疲れる。 そして気分も鈍より落ち込む。 切り替えられない。 自分が思ってる以上に潜在的に阪神ファン魂が備わってるのが恐ろしい。 次回はリベンジを誓う! 俺がプレーするわけじゃないけど。。
Img_d3188fc23eea0363f9c6c133b5f8590c
Img_c02b7ce0d5014fd3e18fd21a93e88894
Img_8c7d496ffb2e43b70d89b150107b11bc
Img_9bb6c328485294a1b2e8533edfc9e709
香川県にある大塚国際美術館へ。 この美術館は世界の名画が1000点以上常設展示されている陶板名画美術館。 まあ分かり易く言えば、複製された世界の名画が原寸大で全部見れてしまう美術館。 だからめちゃくちゃ広い! こんな美術館は世界にここだけ! しかも陶板名画は2000年以上変色することなく残るので、劣化しないのもすごい価値があるらしい。 まあ所詮はニセやけど(笑) まあでも素人が行くには楽しめるかも。
Img_a7de55e4f67b73ed9b521711351de126
Img_a003ec95f8c21c3ee58339c907ec6ad2
国立国際美術館へ。 ピエール・アレシンスキー展。 いつもアーティストの作品を観るときは、初見の作品そのものの良し悪しは自分にとっての大きな興味ではない。 それ以上にどのように取り組んでどうゆう想いで創られてるかを知ること、そのアーティストの人柄や生きてきた背景を知ることに興味がある。 それを知らずして作品を観るのと、それを知った上で作品を観るのとでは、作品への感じ方や深みが大きく変わってくる。 もちろん入り口は視覚的に興味があるからこそやけど。 人との出会いや関わりにも同じことが言えるのは間違いない。 過程、練習、舞台裏、準備、見えてること以外のそれらを知ることはとても重要なこと。
Img_5a29778c0112344927d1150a8b2632cb
Img_d323e3add1ae947f8670ca45f02f52c8
さらっとライブに行ってきた。 今回のはすごかったな。 日本のマイルス・デイヴィスのトランペットはマジで圧巻やった。 あんな演奏のやり方があることも初めて知った。 音だけを聞いてるのと生で演奏をしてる処理されてない息遣いやちょっとした仕草が音楽の魅力をさらに高めるのは間違いないけど、全く知らない演奏の仕方でそれを感じるのは凄さに拍車がかかってる。 ただ音楽性よりもオシャレ感覚が強い雰囲気にしてしまう女子の多さが気になるところ。 聴き入るんじゃなくて過剰に反応するミーハーな部分はなかなかしんどい。 まあ俺が男やから仕方ないか。。
Img_e354d64f5db7c8be6daf71739e1b9e10
Img_6dd5dc650fa63479b70150f856783963
Img_dbd5133a0eca19553e2b266d93b9c061
森山さんの写真が並べられてるだけで素敵だと思う。 ストリートスナップに特化して展示されてるのってめちゃめちゃ魅力的やった。 俺には絶対に撮れないものばかりでかっこいいな。 森山さんの欠片でもあればもっと撮ってて楽しくなるんかな? 真似してカッコつけて撮ってもダサ過ぎるから、自分の根本的な考え方をまずは進化させないと。 それにしてもモノクロの森山さんの写真が、安藤さんの建築にやけにしっくりきてたな。 展示されてるフレームがまた良かった。 つーかもっと色々見たい(笑)
Img_42dc41bea1a2afe441b88456425cd138
今日は仕事も定時で切り上げさせてもらって、早々と向かったのは元ジュンスカの寺岡呼人さんの主催するライブ、Golden Circleの会場になる大阪城ホール。 まあ結局来た理由はミスチルの桜井さんの歌を聴いてみたかったから。 どんな感じなのか全く想像がつかなかったけど、桜井さんはミスチルの曲を4曲歌ってくれたし、その他もカバーもいっぱいあってめっちゃ楽しめた! ゲストのKくんは甘くていやらしかった(笑)
Img_d15b9d9925f3cecbc128df7fbdfd0742
Img_80dee09c564ec07982db15f118732a50
Img_4a824ed7ccdd6851c3e4f7e605d2b76a
滋賀県の信楽にある陶芸の森へ。 信楽と言えば狸の置物で有名な場所。 高速を降りるとそこらじゅうで狸の置物が見ることができる。 今回ここへ来たのはリサ・ラーソンの作品展を観に。 そしてもっと言えばグッズを買いに。 でもまさかのグッズ全然狙ってたものがなかった(笑) なんかもっと調べてくればよかったわ。 信楽、田舎やわ〜。
Img_5f1a9ab00656e481ab87112b882f9c2f
Img_dd33ea2e2361f41be19817dec62707ea
入って見て思ったことは、ガウディの場合はどう頑張っても実際にスペインに行ってその建築自体を見てみないと気分が上がらないってこと。 ここには絵や雑貨みたいにアーティストが実際に作った作品が並んでるわけじゃない。 写真や模型で説明されてるだけ。 しかもこの二人のコラボの意味もあまりわからなかった。 Kaji-sanは俺よりも先に出てたけど、ちゃんと観たんかな? まあ井上雄彦さんの漫画は普通に読みたいけど。
Img_339051f688f1f461a5b6cb310ba10ebc
Img_56d8f56d1705dbd8a4892cc73b4b9e6b

歯車のアイコンからHDにして見てください。

今夜は先日ご招待してもらった伝説の男、ビートルズのポール・マッカートニーのライブへ。 正直そこまで興奮してこの日を迎えたわけではない。 でも実際に現場に来ると余裕で興奮! しかもオープニングでポールが姿を見せるとなんか不思議な気分。 あのビートルズの曲を生で聴けるってほんまにスゴイわ!
Img_23eb626ed453d65e1d43ead20f598d1e
Img_3adf813b41f23a4b3b8f0e0bc53c8fd5
Img_9ebc255db6e7c432b04b3beb58783f3c
Img_bbf59ea55fd6ca6f6d81cdad9cbbafd4

歯車のアイコンからHDに設定して見てください。

結局ビートルズ時代のの曲は全部で23曲やったのかな? よくわからないけど簡単なダイジェスト動画を載せておきます。 自分で思っていた以上にビートルズの曲は自分の中に根付いていて、イントロの度にめちゃくちゃ興奮しました。 ライブ前、Kaji-sanが『俺、Hey Judeが始まったら絶対泣くわ』っていかにも思い入れが強い感じで言ってたけど、始まった時にパッて横を見たらまったく平然と落ち着いてた(笑) 無理に感動しなくてええねんで。 でも今回はほんとに貴重な経験をさせてもらいました! ありがとう!!
Img_ac8a61156a5e1edf2564f2e4a221bf80
今夜はとあるパーティーに参加してきた。 どんな人間がどんな温度でどんな人たちとどんな感じで動いているのかを実際に触れてみたかった。 どんなことも自分のプラスになる。 自分のイメージしてることがどんどんと自信に変わる。 相変わらず女性的な雰囲気で全てのことが進められる。 こんなことでみんなが感嘆するのかと思うと逆に自分は理解してもらうのは難しいのかなとも思う。 いつも早すぎるな。