Text Size : A A A
Img_969a6016e08aad8d7ef22d6f87eab10c
Img_1a760e5a67a9173927b47f058629a425
Img_8e44a23f4083f86473cbfdcde88e117d
Img_f1ec6a248d2b8bf2e291102762c55afe
Img_936e00c8f71ac18da6b9205865505136
Img_b9ae5b78c0e777c27325c7586f9c60c7
Img_86133d14893bff2241578c858ca6f3c5
Img_f1bb75bc3887ebb90c06b52fa4c50503
Img_109e5ee6604706ca91b15faeb6f0b230
Img_a861121ac9e1c8c08aa471c39def8d9e
1979年のニューヨークでは地下鉄内で毎週250件の犯罪が起こっていた。 当時のニューヨークは経済的にもボロボロの時期。 ラップやグラフィティーアートもこの頃に姿を見せた。 そんな荒廃した1977年から1984年にかけて、スイス人の写真家ウィリー・スピラーが命がけで地下鉄構内を撮ったと言われる写真。 当時の観光客は絶対に地下鉄には乗ったらダメと念を押されてた頃の危な過ぎる雰囲気が出まくってる。 なんかほんまに今では考えられへんぐらい落書きだらけやな(笑) 
Img_8a1ab56e9ae9e7204a910d8f6b05b3b6
Img_008e31dafa7d6f54b46d9c49771ad578
Img_7e4b279b812bb1b2b3b98a73bf824fef
Img_aa69e1c5589bce5f181c2bd61c49b7a8
Img_4124b1c84f1ecae04b0c2a0f33c84dfe
Img_58e3b80431569b8f03e8165fd74b15c9
Img_a98e5dbac36d728b8cd20d0ae705e214
Img_160f72a9bfef8e739aabf84b321835e3
Img_008faa410a0fde37af60f4b322368203
Img_37fc264d2c54649821c89d4305036400
ネットで広まってる写真家ティモシー・アーチボルドさんの写真。 彼の息子が自閉症スペクトラムとゆう障害を持っていて、見る、聴く、さわる、嗅ぐ、といった知覚を理解したり、周囲のできごとを見たり、聞いたりして、そのできごとの意味を知る機能の障害。 一部の精神機能の発達にも遅れやかたよりが生じる。 そんな息子を写真家の父が撮り続けている。 その写真集『ECHOLILIA』がネットで広まり反響を呼んでいる。 息子の普段を撮った写真を彼は生々しくて根源的な写真と言う。 汚れた部分の一切ない写真がほんとに素敵だな。 Timothy Archibald HP (Click!)  
Img_f2b3e80a868f1dddd4b76e493753ebcb
Img_201d70781439d3c57b040cf58e146b9e
Img_be45ba71b2fa1fdb2670ada0372ae59c
Img_3531499c45995ed42a89b5305228b2c5
Img_6dbcdbd6ba7a2089a7d41945e974a5a8
Img_12ea51f6802f899ff907bf81428bed7e
Img_f8ac2dc3b48fb5d8b202b712735fe295
Img_733837bf22e2d202b4caa6465d8c7fde
ネットで見つけた記事で1966年にNYの地下鉄で撮られた写真が掲載されていた。 その写真がどれもすごく素朴で魅力的なものばかりだったので、ここにも残してみた(笑) なので写真は全部ネットから拝借したもの。 記事を読んでいると母親に『暇だったら地下鉄の人に話しかけておいで!』って言われたことをきっかけに撮られたらしい。 この何気ない写真が今から約50年前の写真だとは思えない! 日本の50年前の写真を見るとあまりにも過去にさかのぼるのに、NYの50年前はほんとに時代を感じさせない。 なんなんら最近だと言っても大丈夫なくらい! だと記事でも言っている。 まさにその通りやな。