Text Size : A A A
Img_e84038ad0b1ce41f1f9b8bd8c91a204e
20代の終わりにあえて決めたことの1つは、たまにゆっくりと空をみること。 当時の自分は朝から次の朝方まで仕事。 なのに給料未払い。 倒産目前。 数々のストレスと苛立ち。 でも周りにその姿を見せたくない。 そんな時にたまたま立ち止まって空を見た。 すげえ良かった。 都会の空が広く大きく見えた。 これはポエム的でも大げさでもなんでもなく、ほんまにすげえ気分が晴れて落ち着いた。 俺、何やってんねやろ?って思えた。 ほんまに上をゆっくり見上げる余裕すらなかってん。 あんなの頑張ってるって言えないし、生きてる気がしない。 だから今は外で本を読んで空や街の風景を見ることにしてる。 ここも好きな場所からの景色。 空、あんまり見えへんし。。。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする