Text Size : A A A
Img_969a6016e08aad8d7ef22d6f87eab10c
Img_1a760e5a67a9173927b47f058629a425
Img_8e44a23f4083f86473cbfdcde88e117d
Img_f1ec6a248d2b8bf2e291102762c55afe
Img_936e00c8f71ac18da6b9205865505136
Img_b9ae5b78c0e777c27325c7586f9c60c7
Img_86133d14893bff2241578c858ca6f3c5
Img_f1bb75bc3887ebb90c06b52fa4c50503
Img_109e5ee6604706ca91b15faeb6f0b230
Img_a861121ac9e1c8c08aa471c39def8d9e
1979年のニューヨークでは地下鉄内で毎週250件の犯罪が起こっていた。 当時のニューヨークは経済的にもボロボロの時期。 ラップやグラフィティーアートもこの頃に姿を見せた。 そんな荒廃した1977年から1984年にかけて、スイス人の写真家ウィリー・スピラーが命がけで地下鉄構内を撮ったと言われる写真。 当時の観光客は絶対に地下鉄には乗ったらダメと念を押されてた頃の危な過ぎる雰囲気が出まくってる。 なんかほんまに今では考えられへんぐらい落書きだらけやな(笑) 

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする