Text Size : A A A
Img_3b592f8310c2b02767223019132e19b1
蕎麦を食いに来た。 外に並んで20分。 中が見えない。 中に入ると中で待たされる。 なんてことない、店内も外人だらけ。 もう無理や。 諦める。 風情がない。 外人で潤う大阪。
Img_04a538865801c898eef672ced3a0baf2
俺の楽しいことは、果たしてこいつらにも楽しいことなのか? 何が望みなのかを考えるようになって、そのうち何もできなくなってしまう。 そんなことを思い始めている。 後輩だったとしても仲間であるが故に。 若い頃は自分が勝手に引っ張って、みんなが付いて来てくれた。 でも今は違う。 みんなにもそれぞれに意見があって、各々の傾向がある。 それを覆すぐらいの魅力も今の俺にはないんだと思う。 バシッと壊すぐらいの提案があっても口に出したりしようとも思わない。 最初の文章に戻るだけだ。 まずは何が楽しみなのかお互いに知ることも必要だと思う。 たまにしか会わないからこそ。 
Img_a6ccbba8364c9ee0b267f443fe6cdf6e
Img_6852b03b085f925cf96e44866a6128ea
Img_ca8bd7c6b6f764ac09d2ed39177ebdba
ここに小さな船で向かい、船着き場に到着する時の風景や物静かな雰囲気が気に入ってる。 本当に静かな島。 この島でキャンプするのも楽しそう。 心を落ち着かせるには持ってこいな場所。 島の歴史、日本の高度成長期のこの島をしっかりと勉強して欲しい。 って、どの立場で俺は言ってるねん!(笑)
Img_4fd18610d5a44f466472a7ae8de21749
Img_deab32d859433e1cbe09c2560918fa8e
Img_738df292b5a5de6c3affcf59d189aa51
以前ここを訪れた時に自分の心臓の音をアーカイブしてもらい、今回はそれをまた聞いてみた。 俺の心臓はとても力強く落ち着いた間合いで音を放つ。 心臓の音って聞くとどれも大して変わらないと思うだろう。 俺もそう思っていた。 でもそれは悲しいぐらいに無知の思い込み。 それぞれの個性がシンプルなだけにはっきりと分かる。 ここも豊島に来ると必ず来て欲しい場所。 そして自分の心臓音を是非残して欲しい。
Img_742fe8567b97acf1ce3a05d0706335e4
Img_a4b9eb3050c222cc46e18854942265cc
Img_faafe308381d1c6fad8bcc542887c248
Img_c68bb73fb1db973094dfeef45acda511
Img_2538aa17fc3b27736da4814d48b42f3b
この時期には来たくなる島、瀬戸内かに浮かぶ豊島。 そこのシンボルはこの美術館、豊島美術館。 この時期は緑が鮮やかで空は高く青い。 それが最高に似合う場所だし、初めて行く人は5月から梅雨までの間が絶対にオススメ! そして間違いなく朝一番でここに向かい、絶対にこの美術館の下調べをしないことがいいと思う。 何の情報もなくただこの美術館を訪れて欲しいな。
Img_4419d17f160b5dbb0a58df764bc08139
大阪の梅田界隈で年に数回やってるイメージのキャンドルナイト。 通りかかったので少し足を止めてみた。 思った以上に幻想的でもないし、飾り付けがダサい。 まあこれを可愛いって思う人はたくさんいるんだろうけど。 それにしても俺はやたらと斜に構えてる。 もっと単純に世の中を見ないと。。。
Img_43c1758750e20ed6f74e4896f19792d9
新鮮体験。 現在の中学生と同じ空間で過ごすことがあった。 すごく難しいのは、俺がオッさんでオバさんじゃないこと。 やっぱり面倒を見るって感じよりも指示をする感覚が強くなる。 でも全然相手にしてもらえない(笑) 緑の中でBBQをしたけど、火を怖がるし、ずっとみんなでオンラインゲームをやってる。 ヘタレか! みんなイイ奴でイイ仲間なんだなと!
Img_e84038ad0b1ce41f1f9b8bd8c91a204e
20代の終わりにあえて決めたことの1つは、たまにゆっくりと空をみること。 当時の自分は朝から次の朝方まで仕事。 なのに給料未払い。 倒産目前。 数々のストレスと苛立ち。 でも周りにその姿を見せたくない。 そんな時にたまたま立ち止まって空を見た。 すげえ良かった。 都会の空が広く大きく見えた。 これはポエム的でも大げさでもなんでもなく、ほんまにすげえ気分が晴れて落ち着いた。 俺、何やってんねやろ?って思えた。 ほんまに上をゆっくり見上げる余裕すらなかってん。 あんなの頑張ってるって言えないし、生きてる気がしない。 だから今は外で本を読んで空や街の風景を見ることにしてる。 ここも好きな場所からの景色。 空、あんまり見えへんし。。。
Img_44286c88ef4cfca95e81c5baa9a03f6f
Img_39e1aab520c99be621c2eec7d68a1c67
Img_460dfc2900575ace3242949aef707b57
何も決めずにぶらりと京都。 空いていると思い込み向かった店に思いっきりフラれる。 最終的には京都駅前でオープンエアーでの地ベタ呑み。 1つ分かったのは、お店なんかより外で飲むほうが間違いなく粋でさらに話に集中できる。 イイ夜だったと心から言える夜。
Img_dd124c7178358a97d792d97d71b2a7dc
休日にもかかわらず会社の後輩と定年間際の大先輩とお客さん女子と飲む。 どうやら俺は意味ないけど、まあ賑やかしで呼ばれた感じ。 かなりクソみたいな時間でした。 どんな時間でも自分なりに受け止め方を変化させてイイ面を意識して実のある時間にしようとするが、さすがに今日は最低だ。 どうやら大先輩と後輩とで事前の話でその後輩と1人の女の子とをくっつけようとしてたみたい。 出来レースに飲み会として呼ばれてる。 それなら俺にもそれを先に言え。 俺だけ「知らない」そんなクソみたいなとこに呼ぶな! まあ先に言ってたら絶対に行かないけど。 俺は定年の大先輩の送別会みたいに思って参加したのに。 お世話なったし、3軒行って全部支払いしたわ! この後輩ほどアホな男なかなかいないわ。 新しいわ。