Text Size : A A A
Img_6a7e3c61a7ed8127dc75512481c20287
Img_e914bb1c925cd24aa48d01c7024468da
Img_6466f265182e2e162c967db69db954cc
月曜から会う約束をして、待ち合わせると向かった先は路上。 出会うやいなや数名を紹介されるものの意味がわからない。 どうやら路上ライブをしている人たちらしい。 そしてその人たちの自由な感じ、それもあまりにも自由な行動に自分の中のちょっとした何かが刺激される。 なんだ?こいつらの羞恥心のなさ。 人の目を一切気にしない感じ。 あまりにも自由で自分たちをただ楽しんでいる。 なんか知らないけど、すげえイヤラシさがない。 まあただ叫んでる感じとか、楽しんでる感じとか、なかなか整理できないけどとにかくスゴイ!
Img_ace085c7e08ebe514f5eb9fe624fe442
予定がなくなったこの週末。 昨日は遅くまで飲んで、今日は家でダラっと過ごす。 そんな時の雨はちょうどいいぐらいに自分の気分を調整してくれる。 
Img_fe986e1f9bf24c5e335187b56764f484
連休が明けて最初の1日が終わる。 今日も大したことない日が4分の3終わった。 少し本を読んで帰ろう。 それにしてもスターバックスのコーヒーが不味い。 正確には俺の好みではないってだけなんやろう。 1日で一番充実してる時間が雨の日の本読みってのも悪くないと思い込む。
Img_189824a37dfdb72bf9d4e02087d407e1
大阪の箕面国立公園にある滝へ。 ここは高校時代に部活のランニングで何度も訪れた場所。 世間ではお出かけスポットだけど、俺たちにとっては思い出のトレーニング場所。 高校からこの山道を登ってひたすら走った。 そして最後は川に飛び込む。 片道8キロ! よく頑張ってたわ。。。 懐かしい。。。
Img_2cfe784d93580386ecb6871807e2f7ca
YANOBE KENJI 作品のサン・チャイルドが大阪で展示されている。 こうやって都会の中で観るとやけに映える。 サン・チャイルドは東日本大震災後に造られた。 被災から『立ち上がる人々』の言葉から始まって、復興の願いを込めた、立ち上がる子ども像へと。 俺はヤノベケンジさんの活動を支持する。 いろんな方面から何かとケチをつけられると思う。 でも動いてる人はとにかくケチをつけられる。 彼のアクションの早さ、決断の速さには感心する。 揚げ足を取られると思うけど、頑張って欲しいです! 
ヤノベケンジHP (Click!) 
Img_fb6c9a08cbd54d600109843ed8bc5b00
Img_cee02e64d948db2afbddcdf9ac34fe3b
大阪梅田グランフロントの奥にある広場が、すごい大きな吹き抜けになっている。 はっきり言ってコワイ。 足が震える。 そこに期間限定で展示されているアートを上から見下ろすと、すごい新鮮な感じがしてイイ。 右の写真の羊みたいなのは、判りにくいけど実はめちゃめちゃデカいからな! ほんまにこれもアートかなんか知らんけどめっちゃコワイからな!
Img_086f2f3337cbfede8a27e15010f84e2a
先日テレビで紹介されていてゲストの芸人が絶賛していたから早速来てみた。 今の世の中で不味いって店はそうそう存在しない。 だからもちろん不味くはない。 でもそんな絶賛するほどではない。 なんなら絶賛のせいでそんな評価になってると思う。 不必要な過剰絶賛は宣伝効果マイナスになる。 いや〜美味かった! 普通やけど。。。
Img_967e1b932bcf1dbf9287fecd8013f7d5
Img_8aa40214199ca995be7cc3527901e868
Img_809198fc8e84385672612c2f226207ef
今日はソール・ライターの写真展に朝から向かう。 彼の写真は本当にカッコイイ。 建物の中からガラス越しに撮る写真、雨で濡れたガラス越しの写真、素朴な日常の中から少し近めに切り取られる被写体、どれも素人の俺をワクワクさせてくれる。 それに彼の残している言葉、表現が実に分かりやすい。 ほんますぐに影響されるわ(笑)
Img_cde0941235b775ccebcff435cb3b5786
今日は不思議な展開に。 出張でTadamasaが大阪へ現れた。 とにかく大阪が似合わない。 嬉しいのかテンション高めを終始継続していた。 でもこうやって連絡をくれてゆっくり話できるのはすげえ嬉しいな。 貴重な時間やった。 また飲もうな!


1970年のLP・Bridge Over Troubled Waterからの1曲。 当時のこのサウンドが今でも耳障り抜群。 穏やかで優しい感じに音は今でも全く廃れない。 懐かしい感じではなく、ただただ穏やかな曲。 ただNYの街を映す映像もカッコいい。